家電

衣類乾燥除湿器DCE-6515の口コミや電気代を調査!音やRCA-6500との違いとは?

「DCE-6515」は、生活用品の企画や製造をしている会社、アイリスオーヤマが販売している衣類乾燥除湿器です。

コンプレッサー式であることが特徴で、電気代を抑えながらも高い除湿力があり、特に25℃以上の高温時の除湿力が高く梅雨や夏場にぴったりの商品となっています。

そんな衣類乾燥除湿器DCE-6515の口コミや電気代について調べてみました。

また、DCE-6515を使用した際の音はどのくらいなのか?
似たような商品であるRCA-6500との違いがどのような所があるのか?

についても紹介していきますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

衣類乾燥除湿器DCE-6515の口コミ・レビュー

実際に衣類乾燥除湿器DCE-6515を購入された方の口コミやレビューを紹介します。

良い口コミ

・部屋干しの乾きが悪かったので購入しました。

2.5畳ほどの脱衣所で洗濯物を干し、閉め切った状態で使用したところ、室内干しの臭いも無く外で干したかのようにきちんと乾ききっていました。

通販は苦手なのですが、この商品は購入して大成功だと思える商品です。

梅雨の時期が怖くなくなりました。

・梅雨の時期のみ、7畳の部屋で使用しているので、とても効果があります。

外出している間に使用するので、音の大きさも関係ありませんでした。

大きさも小さく、収納に助かります。1年使っていますが、大満足です。

こちらはコンプレッサー式の商品となっており、デシカント式よりも音がする、室温が低い部屋では効果が薄いなどきちんと書かれていますので、購入する前にしっかりと使用用途やコンプレッサー式かデシカント式のどちらがいいかを確認するのがよいかと思います。

・梅雨に入る前に購入しようと思っていたので、口コミを信じて購入しました。

本当にきちんと乾くので、買って正解でした。

確かに音はするのですが、一つの部屋で部屋干しし閉め切って使っているので、リビングにいる分には全く気になりません。

梅雨の部屋干しに大助かりです。

・梅雨の時期の湿気に悩んでいたので、こちらの商品を購入しました。

夜に洗濯物を干し、除湿器と扇風機の併用したところ、衣類がちゃんと乾いていました。

気になっていた動作音についても思っていたより静かで、寝室の隣の部屋で扉を閉めていたらあまり気になりませんでした。

もっと早く購入していればよかったと思うほどに使用感がよかったです。

・初めて除湿器を購入しました。

今まで雨の日や梅雨の時期は扇風機とエアコンの除湿をしていたのですが、中々乾かず、寒いので困っていました。

使用してみたところ、朝に干した洗濯物が夕方には乾いていました。

洗濯物が乾かないことでのイライラが解消されたので、購入してよかったです。

・いつも部屋干ししており、梅雨の時期は湿気に困っていたので購入しました。

移動しやすいので重さも苦にならず、商品が届いて使い始めてから半日で2回満水になるほどの除湿力の高さに驚きました。

音は空気清浄機くらいかと思いますが、個人的には気になるほどではありませんでした。

全体的に大満足です。

・まだ一度しか使用していませんが、感動しました。

洗濯物が早く乾き、タンクに多くの水が溜まるのかと驚きました。

コンプレッサー式なので室温も1~2℃くらいしかあがらないとのことですので、同じ部屋にいてもちょっと暑いかなと感じる程度です。

もしこれがデシカント式だったら同じ部屋にはいられなかったと思います。

アパートで使用していますが、小さい子供が昼寝していても起きるような音ではなく、思ったよりも静かでした。

・ずっと迷っていましたが、ようやく購入しました。

6畳ほどの部屋で部屋干しをしてこの商品を使用したら、昼間には薄手のものは乾き、夕方にはほとんど乾き、翌朝には完璧に乾いています。

毎日の洗濯にストレスがなくなり、生乾きの臭いや音なども気になりません。

低い評価をしている方はとても広い部屋で使用されているか、湿度設定が高いのではないかと思います。

これから購入される方の参考になれば幸いです。

イマイチな口コミ

・あまり乾きません。

・音が気になります。

・タンクを持つ場所がわかりづらく運びにくいところや、容量が少ないことに対しての改善があるとなおいいと思います。

洗濯物を外に干せない梅雨の時期や、湿気に困っている方などに購入されているのがわかりますね!

部屋干しした衣服の生乾きの臭いがなく、きちんと乾燥して大助かりとの意見が多く、好評です!

 

部屋の広さや温度など、使用する状況にそれぞれ違いがありますので、中にはあまり乾かない、音が気になるとの意見も見られます。

 

コンプレッサー式ならではのよさや、デシカント式との違いなどを理解した上で、目的に応じてどちらの商品を購入するかお選び頂くのがよいとのことです。

 

またタンクの容量は約1.8Lとなっていますが、高い除湿力も相まってたくさん水が溜まってしまうので、もっと大きければなおよかったとの意見もありました。

コンパクトで移動しやすいこともあり、このサイズの商品にしてはタンクの容量は大きめになっています。

ひろろん
梅雨の時期にもぴったりで、多くの方に高く評価されている商品となっています!

衣類乾燥除湿器DCE-6515の電気代はどれくらい?

コンプレッサー式衣類乾燥除湿器であるDCE-6515の消費電力はデシカント式の約半分ほどとなっており、1時間使用した際の電気代は約4.7円となっています。

コンプレッサー式の商品はデシカント式と比べて消費電力が少なく、電気代が安いことも特徴です!

電気代がお得なのは嬉しいポイントですね☆
ゆり

衣類乾燥除湿器DCE-6515の音は気になる?

衣類乾燥除湿器DCE-6515を実際に使用した際に音がどのくらい気になるのか調べてみました。

コンプレッサー式の商品はコンプレッサーを内蔵しているので、デシカント式と比べて運転音が大きい短所があります。

 

音の大きさは家庭用クーラーと同じくらいの大きさとなっており、日中の利用ではあまり気にならないとのことです。

 

ただし決して音がしないわけではないので、就寝時に近くに置いて使用すると音が気になってしまう可能性があります。

 

脱衣所や別の部屋で使用し、部屋の扉を閉めればほとんど気にならないとのことですので、使用する目的や場所などを考慮して商品をお選び頂くのがよいとのことです!

RCA-6500とDCE-6515との違いは?

RCA-6500とDCE-6515は、型番が違うだけの同じ製品となっています。

 

ですので購入される店舗やオンラインストアによっては、DCE-6515を購入した際にも型番RCA-6500の商品が届く場合があるとの注意書きがされています。

どちらの型番でも商品に違いはないとのことです!

さいごに

数多くの生活用品を扱うアイリスオーヤマが販売している衣類乾燥除湿器「DCE-6515」。

 

梅雨~夏場にぴったりの商品となっているので、外干しができずに困っていた多くの方に人気があり、愛用されていることも頷けますね。

気になる方や興味のある方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

 

-家電

© 2021 ひろろんブログ