家電

象印極め炊きNP-ZT10のレビューを調査!NP-ZG10との違いも調べてみた!

今回は象印の極め炊きNP-ZT10という炊飯器の紹介です。

np-zt10のレビューを調べました。

np-zg10という炊飯器もありますので、np-zt10との違いについても見てみましょう。

np-zt10はご飯を美味しくする熟成モードやわらかごはんモードが備わっていて、しばらく保温していてもとても美味しいと人気の商品でした。

そんなnp-zt10を詳しく紹介します。

象印 極め炊き NP-ZT10

極め炊きnp-zt10は熟成炊きができます。

それも、白米だけではなく玄米も炊くことができるのです。

白米モードでかたいと感じる方はやわらかめに調節することもできたり、しばらく保温していても美味しい!と人気の商品です。

また、お手入れが簡単なところも嬉しいですよね。

np-zg10とnp-zt10の違い

np-zt10の他に同じメーカーからnp-zg10という商品があります。

ひろろん
その2つを見比べて機能や性能の違いについて調べました

この2つの商品はどちらも重さが5.8kg、梱包時の重さも5.83kgと同じ重さになります。

炊き方の種類や保温時間も同じですが、np-zt10にしかない機能がいくつかあるので紹介します。

メモ

玄米も熟成炊きができる
蒸気セーブモードがある
やわらかごはんモードがある
立つしゃもじつき

というところです。

np-zg10では白米しか熟成炊きができなかったのに対し、np-zt10は玄米も熟成炊きをすることができます。

蒸気を50%カットする蒸気セーブモード、白米モードで炊いたご飯をかたいと感じる方へおススメのやわらかごはんモードも追加されていて、np-zt10を購入すると場所を取らなくて便利な立つしゃもじもついてきます。

口コミ

良い口コミと悪い口コミに分けて説明します
ゆり

良い口コミ

・しばらく保温していても美味しい
・お手入れが簡単
・メーカーさんの対応が迅速

悪い口コミ

・蓋が閉まりにくい

時間がたっても乾燥しない、美味しい!という意見がたくさんありました
ゆり

1日炊飯器の中に入れていたご飯を次の日食べてもおいしい、という方もいました。

もちろん炊き立ては匂い、つや、味がバツグンに良いです。

蓋を閉めるのに力がいるということですが、圧力という仕組み上、どの炊飯器にも少し力は必要です。

小学校低学年くらいの力だと閉まりにくいと考えてください。

特徴

特徴1 象印独自のご飯を美味しくする炊きかた

豪熱沸騰で沸騰後も炊き続けてうまみを引き出します。

うまみ圧力蒸らしで炊き上がり直後の蒸らしの時に圧力をかけて、しゃきっとしながらもふっくらとした仕上がりにします。

ひろろん
この他にもお米の芯まで水分を吸収してお米の甘味を引き出す熟成炊きもあります

炊き込みご飯をしたあと、匂いが気になりませんか?

そんな時に便利なクリーニング機能もついています。

特徴2 釜にもあるおいしさのヒミツ

黒まる厚釜で、釜全体に熱が伝わりやすくしてあります。

お米が対流しやすい丸底です
ゆり

炊きムラが少なく、熱効率のよいまる厚釜で、ご飯を炊き上げます。

また、内釜で洗米ができます。

特徴3 選べる保温選択

保温の方法はうるつや保温、高め保温の2種類があり、

底センサーが保温に最適な火加減で温度コントロールします。

更に、水分の蒸発を抑え30時間までおいしく保温しますよ。

保温中に再加熱キーを押すとあったかいごはんが食べられるのです。

特徴4 やわらかごはんも簡単

かたいご飯が苦手、という方。

やわらかご飯もこの炊飯器でできます。

白米普通、やわらかめ、おかゆ、と好みに合わせて炊飯することができるので便利です。

また、電気力を抑えながら炊き、蒸気も50%抑える蒸気セーブメニューもあります。

さいごに

いかがでしたか?

炊き方の調節や保温も自分や家族の好みにできて、嬉しい商品ですね。

内釜のフッ素加工が3年間無償交換というところも魅力的ですよ。

買い替えの検討をしている方やお知り合いへのプレゼントにもおススメの商品です。

-家電

© 2021 ひろろんブログ