家電

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030とX020を比較!使い方や特徴も徹底調査!

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 c030は全方向から吸収出来る作りになっている空気清浄機です。

今回はそんなプラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030とX020の性能の比較をしてみました。

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030とX020の違いを知りたい方は参考にしてみてください。

プラスマイナスゼロ空気清浄機c030とx020の比較

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030の比較情報を紹介していきます。

プラスマイナスゼロ空気清浄機c030とx020の違いはまず見た目。

C030は少し大きく筒形、直径29.9センチ高さ50.3センチ重さ5.9キロで30畳まで対応しています。

X020はそれに比べて小さく、幅43.1センチ奥行き13.2センチ、高さ40.2センチ重さ4.8キロで15畳まで対応です。

C030は360度全方向から空気を吸ってくれますが、x020はカバーに無数の穴が開いていてそこから空気を吸って上から清浄された空気を排出してくれます。

C030は見た目もインパクトあり、広範囲で清浄してくれるのでリビングに!
X020はコンパクトでどんな部屋にも邪魔にならず馴染んでくれるので寝室に!
など使い分けも良さそうですね。

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 c030の特徴

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030はどうして人気があるのでしょうか?

人気の秘密や特徴について紹介していきます。

特徴①360度空気を吸える

今までにない、丸型で壁がなく全方向から空気を吸うことが出来ます。

そのため、1つで最大30畳までの部屋で使用出来ます!

さらに、全面フレームだから床近くの埃や花粉も吸い込んでくれます。

ワンちゃんやネコちゃん、赤ちゃんは目線が低いので、そういった場所の空気のよごれも吸い取ってくるのはとっても助かります。

特徴②高性能フィルターでしっかり清浄

イオンピュア(抗菌防カビ)→HPEAフィルター→脱臭活性炭→HPEAフィルター
と独自の4層一体型のフィルターでさまざまな有害物質をキャッチしてくれます。

空気が動いてまったホコリだけではなく、粒子が小さいPM2.5も逃さず吸引!

0.30μm以上の粒子なら99.5%集塵してくれるのでカビやウイルス対策にもなります。

特徴③ お手入れが楽ちん

フィルター交換が1年に1回でOK。

交換のやり方もとても簡単で、逆さまにしてフィルター蓋をとり出し、新しいフィルターをセットするだけです。

定期的にフィルターの掃除も、掃除機で表面のホコリを取ればより効果を発揮するようです。

プラスマイナスゼロ空気清浄機c030の使い方

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030使い方はとっても簡単で、本体のボタンも2つのみになります。

タイマーボタンと電源/モードボタンです!
① まず電源を入れます。

② あとはモードを選ぶだけ

風量が選べるので、静音・標準・急速とautoとボタンを連打して決めていきます
たった2ステップで作動してくれます。

それだけです!

Autoと花粉もあるので使い方わけも出来ますね。

Autoはお部屋のニオイとほこりをセンサーで感知して、自動で切り替えて運転してくれます。

花粉は、10分ごとに標準と急速に切り替わり空気の流れを利用して、花粉が床に落ちる前に吸い取ってくれます。
どれも嬉しい機能ばかりですよね!!

人が多ければ多いほどホコリなど舞いやすかったり空気が汚れたりするので急速にして、
1人の時や、子供がお昼寝している時は静音にしたり、手動でその都度変えていくのはめんどくさいですがautoがあるば手間も省けます、主婦の方には助かりますね!

さいごに

プラスマイナスゼロ 空気清浄機 C030は、中々見たことのないデザインでおしゃれかつ、機能的です!

360度全方向で清浄してくれるなら、たばこなど一時的に空気が汚れてもすぐにきれいになると思うのでお子さんがいるお家やペットがいるお家にはぴったりだと思います!

無駄な動作もいらない、シンプルな作りもまたそそられますね。
少し大きいかもしれませんが、インテリアの邪魔もしないしとってもおすすめだなと感じる商品でした。

みんなで一緒に友達の新築祝いなどにプレゼントしたら喜ばれそうです。

-家電

© 2021 ひろろんブログ