便利アイテム

ファインキャディJ300の取扱店を紹介!j100とj300の違いや口コミを徹底解説!

ゴルフ場でのピンまでの距離を爆速で測定することができる、
ファインキャディの「J300」という商品を紹介していきます。

ファインキャディJ300はとにかくスピーディーに正確な数値をは測定することができると超絶人気の商品となっていますが
取扱店は楽天やAmazon、ヤフーショッピングといったオンラインストアになります。

また、口コミもとにかく速く測定できるといった高評価な口コミが多いのも特徴的です。

J300とJ100の違いに関して、主に計測時間のみといった違いなので金額と相談して検討してみるのがいいかと思います。

今回はそんなファインキャディJ300について詳しく紹介していきますので、気になる方は是非参考にしてみてください。

ラウンド中に周りを気にせずピンまでの距離を測定したい方、必見です!

ファインキャディJ300の取扱店

ファインキャディJ300はとても人気の商品でオンラインストアでは売り切れで購入することができない時期もあったほどです。

そんな、ファインキャディJ300の取扱店について紹介していきます。

 

実店舗で購入することができれば、すぐに手に入れることができるのですが、現状では実店舗で置いているお店は少ないようです。

私も調べてみたのですが、どこもファインキャディJ300を置いているお店はありませんでした。

基本的にファインキャディJ300はオンラインストアで購入するのがよさそうです。

 

ファインキャディJ300のオンラインストアでの取扱店としては

・Amazon

・楽天

・ヤフーショッピング

この3つになります。

店舗によって金額にも違いがあるので、貯めたいポイントや送料なんかも考慮して検討してみるのがいいかと思います。

ファインキャディJ300の特徴

ファインキャディJ300はどうして人気があるのか?

人気の秘密や特徴について紹介していきます。

 

主にファインキャディJ300の特徴としては3つあります。

  • とにかく速い
  • 正確性
  • 簡単に使える

これらを詳しく説明していきますね。

〇とにかく速い

ファインキャディJ300のウリはなんといっても計測スピードにあります。

 

なんと0,3秒という速さで計測が完了してしまうので、本当に一瞬で課よりを図ることができます。

 

やはり、1人でゴルフ場を周っているのなら計測時間が多少かかっても問題なさそうですが、
周りに一緒に周っている人が数人いるのならスムーズに計測できないと迷惑がかかってしまいます。

その点においてもファインキャディJ300は問題なさそうです。

 

また、垂直の高低までしっかり確認することができるのでとても便利です。

〇正確性

ファインキャディJ300には「ピンファインダー機能」が搭載されています。

 

こちらの機能は、手が震えたりピンの周りに物があったとしても目標を正確に計測してくれるというもの。

たとえ手が震えても風が吹いていたとしても安心して正確な測定をすることができます。

 

スマート振動アラームという機能も搭載されていて、
測定をするたびに振動で知らせてくれます。
しっかり測定できたことを振動で教えてくれるのも嬉しい機能ですね。

 

ちなみに、ファインキャディJ300は最大で1,000メートル先と遠い距離まで正確に測定することができます。

ひろろん
これくらいの距離まで測定できればラウンド中でも心強いですね。

〇簡単に使える

ファインキャディJ300の特徴の一つとして、
ボタン一つで距離の測定をすることができます。

 

ごちゃごちゃといろんなボタンがあって慣れるまでの時間がかかったり、そもそも使いこなせないといった心配もないですね。

また、コンパクトなサイズ設計になっているので手が小さくても片手で操作することができます。

 

手に馴染みやすくて測定がしやすい設計になっています。

他にも防水機能、競技でも使用できる、2年保障、片手で簡単に取り出せる専用ケース付きと至れり尽くせりの計測スコープとなっております。

ファインキャディJ300の口コミや評価

ファインキャディJ300を実際に使用した方の口コミや評価を集めました。

見やすいように良い口コミとイマイチな口コミに分けて紹介していきます。

良い口コミ

・私は眼鏡を掛けているのですが、眼鏡の上から覗いても良く見えます。
いつも、100yいないはだいたいで打っていたのですがはっきり距離がわかるのはいいですね!
付属のケースもチャックとマグネットがあり、ラウンド中はチャック全開でマグネットだけで簡易に格納と楽チンでした。
ピン計測はまだ初心者なので何度もやらないとダメでしたが、計測が速いので同伴者を待たせる事はありませんでした。

・手の平サイズで使いやすいです。iphoneSE第2世代より小さく軽いです。実際にコースで使いましたが、測定が速いので全くストレスなく、ピンファインダー測定も秀逸です。付属のケースも磁石での開け閉めが良いです。文句の付け所がない商品ですね。

・使い勝手は全く問題ありません。ケースからもサッと取り出せるし、収納も楽なので、ストラップが無いこともそんなに気になりません。スピードは幾つかコメントがあった通り速いです。充電式というのも最高です。比較的安価ですし、非常に良い買い物だったと思います。

・計測速度の速さに驚きました。手ぶれを気にする前に計測が終わっています。サイズもOK、ディスプレーも見やすく、これで2.3万円はお買い得感あります。

・充電式なのがgoodです。
軽くて小さいので使いやすいです。

・早速ゴルフ練習場で試してみた結果、手ブレ補正が付いていないそうですが、計測スピードがとても早いので、手ブレなど全く気にすることなく距離を測ることができました。

・練習場のため計測距離の正確さについては確認できませんでしたが、距離看板の-30ヤードくらいでどこを測定しても表示されていたので、おそらく正しく測定できているんだと思われます。

・結論から言えば最高です。一番気にしていた反応スピードも、手振れ補正はないものの余りに測定が早いため、補正なしでも全く問題なかったです。また非常に軽くて小さいのでズボンポケットに入れてラウンドしても気になりませんでした。

 

イマイチな口コミ

・感度が良すぎるのか、ちかくに別のものが入ってしまうとそこを測定してしまい、少し戸惑いました。

・取扱説明書をもう少しわかり易くした方が良いと思います。

・手振れが結構影響し、同じところを計測したつもりでも大きな誤差が出ます。図る側の技術的な問題(慣れ)もあるでしょうが、20-30ヤードの違いが0.2秒ごとに表示される

やはり、測定スピードが速いといった口コミが圧倒的に多い印象です。

小さくて軽いといった口コミも多く充電式な点も評価している方が多かったです。

 

一方でイマイチな口コミですが、正直、ファインキャディJ300を悪くいっている口コミを探すのは大変なほど良い口コミばかりでした。

感度が良すぎるといったものや、多少計測の誤差を感じる人もいるようです。

 

使い方であったり多少の慣れも必要になってくるのかと思います。

ですが、それにしても爆速で測定することができるので、何度か測定して誤差を自分のなかで補正していけば問題ないです。

ファインキャディJ300の使い方

ファインキャディJ300の使い方について紹介していきます。

基本的に使うボタンは電源ボタンとモードボタンのみ。

 

初めに準備の説明をしていきます。

モードボタンを短く押すことで「スロープモード」か「ノンスロープモード」を切り替える。

モードボタンの長押しで「メートル」か「ヤード」の単位を切り替える。

準備はこれだけ。

 

あとは一般的な測定は電源ボタンを“短く”押すだけ。

電源ボタンを“長く”押すことでピンファインダー測定を開始します。

 

画面に測定した距離が表示されるので、それで目標までの距離を簡単に知ることができます。

電源は15秒使わないと自動で切れるようになっています。

使い方としてはこれだけなので、とっても簡単ですよね。
ゆり

説明書を読むまでもないかもしれません。

ファインキャディJ300の充電時間はどれくらい?

ファインキャディJ300は電池式ではなくて充電式となっています。

気になるのはどのくらい充電に時間がかかるのか?といった部分ですよね。

 

最高でもファインキャディJ300は4時間も充電すれば満充電されます。

最大に充電をして3万回は測定することができます。

 

充電はType-CのUSBタイプを使います。
一般的なスマホを充電するタイプのUSBですね。

モバイルバッテリーでも充電できますし、今なら車内でも簡単に充電することができます。

ファインキャディJ300とJ100の違いとは?

ファインキャディJ300の前にJ100の商品も販売されていました。

 

価格としては、ファインキャディJ300の方が3000円ほど高くなってくるので、J300とJ100にどのような違いがあるのか気になりますよね。

実は、J300とJ100の主な違いとしては測定速度のみ。

J300

・一般測定0.16秒
・ピンファインダー測定0.35秒

 

J100

・一般測定0.25秒
・ピンファインダー測定0.55秒

形や機能、見た目も同じで使い方も全く同一となっています。

なので、最高速を求めないのであれば安いJ100を選択するのもありだと思います。

さいごに

今回はファインキャディJ300の販売店や使い方、充電時間、特徴について紹介してきました。

とにかく速く測定できるファインキャディJ300はゴルファーにとって大変心強い味方となってくれそうです。

 

一緒にラウンドする方を待たせることなくピンまでの距離を測定できればスコアもグーンと伸びそうですね。

競技でも問題なく使える仕様になっているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

-便利アイテム

© 2021 ひろろんブログ