生活雑貨

ふかふかベビーバス プラスとWの違いは?口コミや使い方も調べてみた!

初めての沐浴も安心!

「リッチェル ふかふかベビーバス プラス」について、口コミ・レビューや「ふかふかベビーバス プラスW」との違いや使い方など詳しくご紹介していきます。

ふかふかベビーバス プラスの口コミを見ると簡単に膨らませることができる事や、赤ちゃんがずり落ちない設計が嬉しいというお声がありました!

前のモデル「ふかふかベビーバス プラスW」はプラスの方のレビューで多くみられるエアーポンプ式が備わっていないという違いがあるようですね。

 

ひろろん
今回はそんなふかふかベビーバス プラスについて使い方も含め詳しくまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください♪

 

リッチェル ふかふかベビーバス プラスとは?

「ふかふかベビーバス プラス」は、プラスチックの家庭用品やベビー用品などを製造しているメーカー、リッチェルが販売している赤ちゃんの沐浴用バスタブです。

 

累計販売数100万個を突破し様々な賞を受賞した「ふかふかベビーバス」の技術を生かし、さらに使いやすく進化させることを目指した商品となっており、市販品の空気ポンプを使用せず簡単に膨らますことができるエアポンプ内蔵型であることが特徴です。

また楽天ランキングのベビーバス部門ではトップ10常連の人気の商品です。

 

>>>ベビーバス 売れ筋ランキング【楽天】を見てみる

 

リッチェル ふかふかベビーバス プラスの口コミ・レビュー

リッチェル ふかふかベビーバス プラスを実際に購入された方の口コミやレビューを紹介します。

 

いい口コミ

簡単に空気を入れて膨らますことができる

空気を入れて膨らますのが簡単との口コミが多く見られます。

市販品の空気ポンプを使用せずに空気を入れられることや、2カ所のエアポンプから空気を入れられるため、とても簡単に膨らますことができ高い人気があります!

 

赤ちゃんがずり落ちない

ストッパーがあることで赤ちゃんがずり落ちないとの口コミが見られます。

以前は沐浴の時に赤ちゃんから手を離せず大変な思いをされていた方も、ふかふかベビーバス プラスを使用したら余裕ができて助かったとの口コミもあり、好評です!

 

軽くて持ち運びが便利

本体の重量が軽く、使用していない時は小さく折りたためて便利との口コミが見られます。

収納や持ち運びが簡単で、実家の帰省や旅行の際のお風呂で困ることがなくなったとの口コミもあり、高く評価されています!

 

使用後にひっかけて乾かせる

ひっかけられるフックが付いているため、お風呂場や風通しの良い場所にひっかけて乾かすことができて便利との口コミが見られます!

 

 

イマイチな口コミ

別のカラーがあればなおよかった

ふかふかベビーバス プラスはグリーンの一色のみ販売されているため、かわいいピンクなどのカラーバリエーションがあればなおよかったとの口コミが見られました。

 

好みの色ではなかった方でも、実際に商品を見たらいい薄い緑色をしているので気にならなくなったとの意見もあり、機能や使い勝手などの悪い口コミはほとんど見られない、評価の高い商品となっています!

 

リッチェル ふかふかベビーバス プラスの特徴や人気のポイント

リッチェル ふかふかベビーバス プラスの特徴や人気の理由について紹介します。

 

楽に空気を入れられるベビーバス

触れ心地のやさしいエアタイプのベビーバスであることや、エアポンプを内蔵していることが特徴で、2カ所のエアポンプから空気を入れることで簡単に膨らますことができます。

 

市販品の空気ポンプを必要とせず、ふかふかベビーバス プラスだけで簡単に膨らませて使用できるため、人気があります!

 

赤ちゃんとママに優しい構造

背もたれの程よい傾斜で赤ちゃんの姿勢をキープし、ストッパーにより赤ちゃんがずり落ちるのを防ぎます。

 

またベビーバスを使用するママの腕にも優しい横空気層と丈夫な縦空気層のWエアー構造により、使いやすさと強度を兼ね備えた商品となっています。

 

赤ちゃんだけでなく、赤ちゃんを沐浴させるママにも配慮された構造も人気の理由のひとつです!

 

コンパクトに折りたたみ可能

使用していない時はコンパクトに折りたたむことができ、収納も手軽なため、帰省や旅行先の持ち運びにも便利です。

 

普段使いのしやすさはもちろん、外出先でも使用できる便利なベビーバスで人気です!

 

実家帰省や旅行のときに持っていけるのはポイントが高い!
ゆり

 

ふかふかベビーバス プラスとWの違い

「ふかふかベビーバス プラス」と「ふかふかベビーバス W」には、エアポンプ内蔵型かそうでないかの違いがあります。

 

ふかふかベビーバス プラスのサイズは幅約69cm・奥行き約47cm・高さ約28cm、

ふかふかベビーバス Wのサイズは幅約68cm・奥行き約47cm・高さ約29cmで、奥行内寸はどちらも約28cmとなっており、サイズの違いはほとんどありません。

 

  • エアポンプを内蔵したことで、空気ポンプを使用せずより簡単に空気を入れられるようになった商品「ふかふかベビーバス プラス」
  • エアポンプを内蔵しておらず、空気ポンプを使用することで簡単に空気を入れられる商品「ふかふかベビーバス W」

 

となっています!

 

リッチェル ふかふかベビーバス プラスの使い方や注意点

ふかふかベビーバス プラスの使い方や注意点を紹介して行きます。

 

ふかふかベビーバス プラスは、中央の筒状ポンプと側面ポンプをプッシュするだけで道具を使わず簡単に膨らますことができます。

 

詳しい使用方法は、

まずストッパー付近にあるエアポンプAと側面にあるエアポンプBの2カ所から空気を入れて膨らませます。

この時、空気を入れすぎるとお湯の熱で空気が膨張し破損するおそれがあるので、本品の外部にしわがのこる程度にふくらませてくださいとのことです!

次にお湯の温度を37℃~40℃の適温に調整し、MAXラインまで入れます。

 

止水栓をしっかり押し込んだ後にお湯を入れる、また50℃以上の熱いお湯は入れないなどの注意が必要です!

使用後は排水口から水を抜いてきれいに洗い、風通しのよい場所で乾かした後、空気注入口を指で押し、優しく押しながら空気を抜きます。

 

折りたたむ時はエアポンプ部分を避けてくださいとのことです!

 

さいごに

育児の負担を少しでも軽くすることで、もっと楽しく赤ちゃんの成長を見守ることができる。使う人の声に耳を傾け、願いに応えるベビー用品をお届けする。

 

そんな想いでベビー用品を扱うリッチェルが販売している「ふかふかベビーバス プラス」。

 

ベビーバスを使用する赤ちゃんとママ、どちらにも配慮した使い勝手のよい商品だからこそ、高い人気があるのでしょうね。

 

対象月齢は新生児~6か月頃まで、身長目安は49~66cmの商品となっていますので、興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

 

-生活雑貨

© 2021 ひろろんブログ