キッチングッズ

タジン鍋の使い方を解説!料理に使用する水の量も調べてみた!

タジン鍋の使い方や料理に使い水の量を調べてみました!

タジン鍋といえば、無水料理ができる鍋として有名なものですが、
実際に水は使用するのか?水を必要とするならどれくらいの水の量が必要になるのか?

いくつかの料理レシピを参考に調べてみました。

また、タジン鍋の使い方についても解説しているので、タジン鍋に興味のある方は参考にしてみてください。

タジン鍋の使い方

タジン鍋は、モロッコやチュニジアなど、水が貴重とされる地域で誕生した『無水料理』を得意とするお鍋です。

『無水料理』というだけあって、ほとんど水を使わずに野菜やお肉に含まれている水分や脂を使うことで、素材そのものの旨味を引き出す料理が作れるのが特徴です!

基本的な使い方として、お鍋に材料と調味料を入れて蓋をして弱火にかけます。
20分~30分ほどで仕上がります。

タジン鍋の蓋は、加熱された食材の水蒸気が、蓋を介してうまく循環されることで、素材本来のいいところを生かす料理を作るため、とんがり帽子のような形をしています。

タジン鍋の使い方としては非常にシンプルですよね!
ゆり

タジン鍋で必要な水の量はどれくらい?

素材の栄養分そのまま生かせる料理が作れるタジン鍋。
お水はどれくらい必要で、どんな料理が作れるのか調べてみました!

【蒸し料理】

タジン鍋と言ったら代表的な調理方法は「蒸す」と言ってもいいのではないでしょうか。
面倒な調節は気にせず、「弱火でじっくり蒸す」

ひろろん
ただ、これだけでOKなのです!!

「蒸す」と言うと、少し水を加えるイメージがあると思いますが、とんがり帽子型のてっぺんに蒸発した水分がのぼり、水滴に戻って鍋に貯まることで具材を煮込むことできます。

野菜とお肉や魚介を組み合わせてお鍋に配置するだけです。

私は正直タジン鍋を使ったことがなかったのですが、蒸した野菜は大好きなので、自分でソースやドレッシングを作って、色々な野菜を蒸して食べたいなと思っています!!

ということなので、基本的に蒸し料理では水を用意する必要はありません。

【煮込み料理】

蒸し料理とあまり変わらず、材料を入れて煮込むだけなのですが、例えば『クリーム煮』のように牛乳を入れる場合、2人分で50㏄ほど入れることがあります。

『ポトフ』のようにスープ系も、2人分で水50ccほど必要となります。

それでも、普通の鍋でスープを作ることを考えると、ほとんどは素材の水分で仕上がるので、旨味の出方が違います。
この季節は、鍋料理やスープ系の温かい料理が食べたくなるので、タジン鍋で更に素材を生かした料理が作れるのが魅力ですね!!

【焼き料理】

今は色々な種類のタジン鍋が販売されています。
テフロン加工のもの、鉄鋳物製、陶器製などなど、IHや電子レンジでも使用可能な製品が種類豊富にあります。

テフロンIHタジン鍋は、少量の油で焼き料理が可能となっています。

焼き料理なので、お水は一切必要がありません。

タジン鍋はお肉を入れても温度が下がりにくいので、早く焼くことができます。

添え野菜を蒸した後ステーキを焼いて、鍋をお皿代わりに盛り付けると熱々のまま食べることもできます。

1人暮らしなら、タジン鍋1つで毎日のおかず作りが簡単にできちゃいそうですね!!
ゆり

【お米を炊く】

タジン鍋でお米を炊くことができます。

お米をといで少しの間水に浸しておきます。

水気を切り、1合につき約200ccのお水で蓋をせず強火で沸騰させます。

沸騰したらよくかき混ぜてから蓋をして弱火で10分。
火を止めてから、蓋をしたまま15分ほど蒸らすと、お米の甘さが感じられる美味しいご飯を炊くことができます。

おこげが大好きな私は、たまにはタジン鍋でお米を炊いておこげを楽しむのもいいなと思いました!
ゆり

タジン鍋を使ったヘルシー蒸し野菜レシピのご紹介!!

「正月、食べ過ぎて少し太ったかも…」
「野菜不足が気になるな…」
なんて方もたくさんいるのではないでしょうか?!

そんな時、タジン鍋を使って簡単でヘルシーな、しかも栄養満点のお料理を作ってみませんか?
和風と洋風で2点のレシピをご紹介します!!

【たっぷり野菜の蒸しサラダ 2~3人分】

≪材料≫
キャベツ(4枚)
にんじん(1/2本)
えのき(1/2袋)
ブロッコリー(適量)
水40cc
★醤油(大1.5)
★ごま油(大1.5)
★しょうがすりおろし(小1)
★すり白ごま(小1)

≪作り方≫
① 野菜を食べやすい大きさに切る
② にんじんは薄切りにする
③ タジン鍋にバランスよく切った野菜を並べ重ねる
④ 水を入れて中火で蒸し、沸騰したら弱火にする(焦げないよう火加減に注意)
⑤ ★印の調味料を合わせておく
⑥ 蒸しあがったら⑤を和えて完成♪

お好みで旬なお野菜を使ったり、ドレッシングも市販のもので対応してもいいと思います。
弱火で10~15分ほど蒸すのですが、お野菜によって蒸す時間を調節してみてください。

それにしても、基本は①切って②蒸して③和えるの簡単3ステップで、難しいことなく栄養満点の温野菜サラダを食べることができちゃいますね!!

【蒸し野菜とカマンベールのタジン鍋 2人分】

≪材料≫
キャベツ(3枚)
玉ねぎ(1/4個)
にんじん(1/4本)
ブロッコリー(4房)
エリンギ(1本)
ウインナー(4本)
カマンベールチーズ(1/2個)
水(大2)
塩(少々)
ブラックペッパー(少々)

≪作り方≫
① 野菜を食べやすい大きさに切る
② タジン鍋にキャベツを敷き詰め、その上に他の野菜とウインナーをのせる
③ 水を加えて塩をふり、蓋をして中火で蒸す
④ 沸騰したら弱火にしてさらに10分蒸す
⑤ 鍋の中心にカマンベールチーズをのせて、蓋をして更に弱火で2分
(チーズが程よく溶けるまで加熱する)
⑥ ブラックペッパーを適量ふりかけて完成♪

お野菜の素材そのものの旨味とウインナーの旨味を、シンプルに塩とブラックペッパーだけで味付けし、カマンベールチーズをからめながらいただきます!

粉末のコンソメで少し煮込んでポトフ風にしてみたり、チーズをピザ用のとろけるチーズに変えてみたり、簡単に色々なアレンジができるので、お料理が少し楽しくなるかもしれません!

さいごに

タジン鍋は実は、お料理が苦手な方や初心者にとってもおすすめ調理器具なのです!

複雑な調理工程がほとんどなく、素材の栄養と旨味をそのまま生かしたお料理ができます。
私は1人暮らし用に小さめのタジン鍋を購入して、蒸し料理やスープや鍋を堪能したいと思います♪

ぜひ、タジン鍋で簡単で美味しい料理に挑戦してみてくださいね!
おすすめな味付けがあったら教えてください!!

-キッチングッズ

© 2021 ひろろんブログ